未分類

異物でのつまり


トイレトイレのつまりの原因として考えられるのは、異物などもあります。トイレに異物を流してしまうと、当然ですが詰まります。普通、トイレには排泄物だけを流すというのが定番なのですが、人によっては異物を流してしまうこともあります。例えば、ゴミをなんとなく「トイレに流しても大丈夫かな」と思って流すという方もいるのです。事実、そういう使い方をして、トイレをつまらせてしまったという方も多いです。トイレのつまりの原因は、それらの異物などが大きく占めています。また、異物の場合はパイプにも悪影響が大きく、負荷をより大きくしてしまうことが多いと言えます

そうなった場合、実際にトイレがつまってから、対処するまでに時間がかかることもあるでしょう。普通に紙が詰まった場合などは自分で対応することもできるのですが、異物がつまったとなると業者が必要となる場合も多いです。そういう状況にならないためにも、正しく使っていけるようにしていくことが必要です。くれぐれもトイレはデリケートなものなので、異物は流さないようにしてください。特に野菜や肉、魚などの食べ物はもちろん、文房具などのプラスチックなども流してはいけません。そういう方はほとんどいませんが、異物を万が一流してしまった方は、業者に相談することをおすすめします。

未分類

紙でのつまり


トイレットペーパートイレのつまりの原因で多いのが、髪でのつまりです。トイレごとに構造は似ているのですが、設置されているものによっては紙を上手に流せないものもあります。もちろん、普通のトイレットペーパーであれば水溶性も高いので流れてくれるのですが、量が多くなるとつまってしまうトイレもあります。トイレによって違うとは言っても、物質的に量が多くなればなるほどつまる原因も多くなります。毎回のトイレで大量のトイレットペーパーを利用しているという方は、十分に気を付けておくことが必要となります。また、トイレットペーパー以外のものを流しているという方も気を付けておくことが必要です。

例えばティッシュなどは柔らかい紙ということもあって、流しても大丈夫だと思っている方が多いです。しかし、トイレにティッシュは禁物です。そもそもティッシュは水溶性が高くないので、水に溶けずに滞留することが多いです。パイプに引っかかったティッシュに、さらにティッシュなどが絡まり、最終的にはトイレがつまってしまうということも多いです。しっかり水に溶ける紙を使い、それでいて量もそこまで多くしないようにすることが、トイレのつまり解消の秘策とも言えます。その点も気を付けてください。続いては、異物でのつまりについて説明します。

未分類

排泄物でのつまり


排泄物トイレのつまりの原因の1つとして大きいのが、排泄物です。排泄物が多くなればなるほど、トイレへの負荷は大きくなっていきます。普通の量を毎回流す場合は良いですが、一度に大量に流してしまうとトイレのつまりの原因になることもあります。もちろん、1回分の排泄であればつまるということはほとんどないものの、その量が多い場合は詰まってしまうこともあります。最近では節約のために数回分を溜めておき、数回に1回流すという方もいるでしょう。しかし、排泄物が多くなるということは、その分トイレットペーパーなども多くなるわけで、よりつまりの原因になることも多くなります。

極力、トイレは使うごとに流すのをおすすめします。もちろん水道代はかかるものの、逆にトイレがつまって修理などが必要となった場合にかかる費用に比べれば安いものです。毎回しっかり流すことによって、排泄物を溜めないようにすることも重要です。また、一度つまった状態でも気付かずに排泄物を流していると、それらが滞留してつまりを加速させることもあります。くれぐれも溜めないように気を付けましょう。それがトイレのつまりを解消するために必要なこととも言えます。そこもしっかり考えられるかどうかが重要です。続いては紙でのつまりについて説明します。

未分類

トイレのつまりの原因


トイレトイレがつまる原因は多々あります。実際にトイレのつまりに悩まされている方も多いのではないでしょうか。多くの家庭では、トイレットペーパーを使っていて、それがつまりの原因になることもあれば、異物を流してしまってつまる場合もありますし、排泄物でつまるということもあります。それらの点をしっかり考えて、原因への対処を進めていくことが必要です。

このサイトでは、トイレのつまりの原因について詳しく解説していきます。それぞれトイレというのは毎日利用していくものなので、快適な環境をも守るためにも、つまりを引き起こさないように使っていくことが必要となるでしょう。特に正しい使い方をしなければ、トイレというのはすぐに詰まってしまいます。現実として、使い方が間違っている方は、何度もつまらせていることもあるでしょう。最初はそれでも対処すれば良いのですが、何度もつまらせていると、最終的にはトイレが壊れてしまう可能性もあります。

そこまでトイレが脆いとは言いませんが、何度もつまらせるということは、トイレの耐久度を低下させることにもなるので十分注意しましょう。また、最悪の場合は水が逆流し、トイレが水浸しになる原因などにもなります。つまりは放置しておくと大変なことになるので、万が一つまってしまった場合は、専門業者に対応してもらうようにしてください。自分で対処するのも良いですが、経験や実績が豊富な業者に依頼した方が確実です。何より重要なのは原因を作らないことです。