未分類

排泄物でのつまり


排泄物トイレのつまりの原因の1つとして大きいのが、排泄物です。排泄物が多くなればなるほど、トイレへの負荷は大きくなっていきます。普通の量を毎回流す場合は良いですが、一度に大量に流してしまうとトイレのつまりの原因になることもあります。もちろん、1回分の排泄であればつまるということはほとんどないものの、その量が多い場合は詰まってしまうこともあります。最近では節約のために数回分を溜めておき、数回に1回流すという方もいるでしょう。しかし、排泄物が多くなるということは、その分トイレットペーパーなども多くなるわけで、よりつまりの原因になることも多くなります。

極力、トイレは使うごとに流すのをおすすめします。もちろん水道代はかかるものの、逆にトイレがつまって修理などが必要となった場合にかかる費用に比べれば安いものです。毎回しっかり流すことによって、排泄物を溜めないようにすることも重要です。また、一度つまった状態でも気付かずに排泄物を流していると、それらが滞留してつまりを加速させることもあります。くれぐれも溜めないように気を付けましょう。それがトイレのつまりを解消するために必要なこととも言えます。そこもしっかり考えられるかどうかが重要です。続いては紙でのつまりについて説明します。